フロアコーティングを検討する場合の重要ポイント

現在のフロアコーティングは、コーティング剤の種類も多数に及んでおり、施工業者の数の多さもあって、施工を検討する時には重視したいポイントが複数あります。例えばそのポイントの1つが、コーティング剤の種類ごとによる耐性の違いです。フロアコーティングに用いるコーティング剤は、現在はアクリル系のいわゆるワックスと呼ばれるものから、ウレタン系やガラスコーティング、UVコーティングなどがあり、それぞれで耐性が違ってきます。例えば水性アクリル系コーティングは水に弱いですし、ウレタン系は薬品に対して耐性があまりありませんが、摩擦耐性は強いといった具合です。

フロアコーティングに何を求めるのかによって、最適な種類のコーティング剤も違ってくる点を意識しておくことが大切です。同じく施工を検討するときに重視したいポイントとして、耐用年数も重要です。仮に5年後にその家を売る予定がある場合は、長寿命で20年以上の耐用年数を持つUVコーティングを導入しても、物件価値の面ではともかく、住む上では耐用年数の長さという恩恵が得られなくなります。耐用年数の長さは概して施工の価格と比例しているので、予算や先々の人生設計も見越して考慮したいポイントです。

また施工後のコーティング剤の乾燥時間も意識をしておきたいポイントです。完全に乾燥して硬化をするまで、その部屋は用いることができません。そのため生活に問題が出ないように、施工会社と話し合って施工時期のスケジュールを調整するといった工夫も忘れないようにしておきます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です