フロアコーティングを長持ちさせるための心得

フロアコーティングは床に専用の薬剤を塗布することで皮膜を作り、傷や水濡れなどの被害を防ぐための処置です。住宅のフローリングやビルのコンクリート造りの床など、人の行き来や物品の移動の際に傷が付きやすい場所に処置を施すことで劣化を軽減できる効果があります。また、撥水性を大きく向上させることが出来るので汚れが染み込まず、清掃も簡略化できる利点があります。フロアコーティングに使用する薬剤は複数の種類があるので用途や使用する環境に応じて最適な一品を選ぶことが効果を最大まで引き出すための心得です。

また、形成された皮膜は外部からの刺激を受け続けると劣化して剥がれてしまうことがあるので定期的に塗り直しを行う必要があります。塗り直しの作業は塗りムラを防ぐために古い皮膜はすべて取り除く必要があります。床の材質によっては皮膜を剥がす際に傷みが生じることもあるので作業は慎重に行うことが大切です。床を保護する目的で施されるフロアコーティングは丁寧に扱うことで皮膜の劣化を防ぎ、長持ちさせることが出来ます。

重い荷物を引きずったり熱湯や油などが付着すると皮膜が劣化してしまうので日頃から注意します。また、汚れの放置も皮膜を傷める原因になるのでこまめに清掃を行って清潔な状態を保つことも劣化を防ぐ条件の一つです。フロアコーティング用の薬剤によっては洗剤の成分に反応して皮膜が溶解してしまうケースもあります。そのため、頻繁に清掃を行う場所にフロアコーティングを施す際は使用する薬剤の成分を確認することが大切です。

防寒の窓のことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です