フローリングの修理で使う3つの道具

フローリングを修理する場合、大掛かりなケースだと業者に依頼して張替えなどを依頼しなければなりません。ただし、小さな物を落としてしまった場合に生じる小傷に関しては、業者に修理依頼をして仰々しくすること無く、自分一人で隠す事もできます。そういった個人的に修理を行いたい時に手に入れるべき物は大きく分けて3つあります。それはクレヨンタイプと電気、ペンタイプの3種類で各々の特性を理解するとプロ並みの出来栄えになります。

最も簡単に手に入れられる上に、施術も簡単なのがクレヨンタイプでしょう。以前はホームセンターなどにしか陳列されておらず、価格も一個300円程したのですが、今では100円ショップでも取り扱いされています。フローリングの色味というのは、各家庭により大きく異なるのでピンポイントで一色だけ購入しても塗布してみると色味が違う事があります。そういった失敗をしないために、購入するのであれば複数本入っているタイプを手に入れると様々な色を試して最善な物を塗布することが可能です。

次に、クレヨンタイプよりも本格的に修理したいのなら電気が重宝します。自分で色を作れるので、経年変化などで独特な色合いになっていたとしても対応することができるのです。道具が一式セットで4千円程度するので、フローリングの修理に関して拘りを持っている方に最適です。そして、ほぼ目立たない引っかき傷などにはマニキュアタイプの細いペンが便利です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です