注文住宅の家づくりを始める場合

注文住宅での家づくりのメリットと言うのは自由設計が出来ると言う事です。建売住宅などの場合の設計は、販売主側が設計事務所等に委託を行って家づくりをしていきますので、家を購入する側と言うのは設計段階で関与する事は出来ません。全ては設計事務所で行われる家づくりによるものであり、壁紙の色を選んだり、システムキッチンの色などを選べるほかは、自由度は少ないものです。これに対して注文住宅は全ての事を自分で決める事が出来ます。

フローリングの床一つにしても、複数の中から自分の好みのフローリング床を選べますし、建具や玄関のドアなどにおいても多数ある中から自分の好みのものを選べるわけです。これが自由設計の魅力でもあるわけです。しかし、選ぶ場合には現物を見て決めるわけではなく、カタログを見たり小さなサンプルや色の見本等を見て決めていく事になります。実物を見て決めるのではないため、ある意味挑戦的な要素も含まれてくるのです。

注文住宅を行う時に注意をしなければならない事は、サンプルと実際の施工では差が生じるケースが有ると言う事なのです。特に色というのは、小さなサンプルを見て決めた場合、少々派手かと思って施工をしてみると丁度良かったり、丁度良いと思って選んでみると、実際施工をしてみると地味になってしまうケースが出て来るのです。そこで、住宅展示場や家の住宅の販売現場などに出向いて、見る目を養っておくことでサンプルを見て色を選ぶ場合などノウハウを持つことが出来るようになるのです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です