注文住宅の予算について

注文住宅を建てる際、いちばん重要な要素は「予算」です。自分で用意できる額と住宅ローンで賄える額を、早い段階で把握しておく必要があります。どれだけのお金がかけられるのかということがはっきりしていないと、計画が立てられないからです。予算がはっきりすれば、坪単価を割り出す作業に移ります。

注文住宅の本体工事費は、全体のおよそ7割程度なので、その額を希望の延べ床面積で割ると、坪単価を割り出せます。なぜこの数値を割り出すのかというと、工務店の広告では、価格の目安として坪単価が使われていることが多いからです。坪単価が分かれば、どこに依頼すればよいかということが判断しやすくなります。ただし、業者によって坪単価の割り出し方は異なるので、計算方法を確認しておいたほうがよいでしょう。

そして、予算内では希望の注文住宅が建てられないという場合は、コストを調整するしかありません。最も簡単なのは、仕様や設備のグレードをダウンさせることですが、居間などで行うと著しく見栄えが悪くなるおそれがあるので、来客の目に触れない所で行ったほうがよいでしょう。また、壁の数を減らすことでもコストの調整ができます。人件費・工事費・材料費の節約になりますし、窓やドアも減らせるという付随効果もあります。

また、建物の形状が複雑になるほど、柱などの数や面積も増えますし、作業時間もかかります。ですから、できるだけシンプルな形にしたほうがよいでしょう。窓のリフォームのことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です