羽毛布団をリフォームする時期

最近は羽毛布団をリフォームできると聞いて、高い品物だし自分でもやってもらえるだろうかと興味がある方もいるのではないでしょうか。

いつ頃購入したのかと考え直す方もいると思いますが、まずは自分の布団の状態を確認していきましょう。羽毛布団をリフォームした方がいい状態というのは、例えば見るからに購入した時に比べて厚みがなくなってきているとか、保温性が前より感じられない、側生地やよく触れるえり元などが汚れてきているかどうかなど、全体をよく見て下さい。

長く使うと汚れも溜まりますので、以前にはなかったニオイなども気になるかもしれませんし、使い続けていく中で羽毛が一部分によったりする事もあります。一般家庭ではこれまでは羽毛布団などもリフォームせずにずっと使い続けて、状態が悪くなれば新品を購入するというのが当たり前でした。10~15年ぐらいで買い替えていたという家庭も多いですが、布団にも寿命があるので早めにリフォームを依頼する事で中身を綺麗にして作り直してもらうことで、さらに長く使い続けていくことが出来るようになります。

夏場だと羽毛布団で寝るという事も少ないです。作業には3~4週間ほどはかかってきますので、寒くなってくる冬前ぐらいには作業をしてもらうようにすれば、丁度良い時期に返ってくるでしょう。状態の確認をしたり他にも相談したいことがあればさらに長くなる事もあるので、使いたい時期に使えるように綺麗にしてもらって下さい。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です